ブログ

山本様に勉強カフェ岡山スタジオを利用しての感想などをお聞きしました!

山本真実さんインタビュー
Pocket
Share on LinkedIn
LINEで送る

勉強カフェを有効に活用されていて、クラウドファンディングでも多額のご支援をいただいた山本真実様にインタビューさせていただきました!

先日の西日本放送のニュースの一滴にもご出演いただきました!

1.勉強カフェはいつ知りましたか?

Facebook広告を見た7月7日の七夕です。その日のうちに先行申込をしました。同時にクラウドファンディングでの支援も決めました。

2.利用しようと思った決め手

心置きなく勉強でき且つ人とも交流できる場所をずっと探しており、勉強カフェを知った時に「これだ!」と直感したのが決め手です。

私は岡山に来てまだ1年半も経っておらず、知り合いも少なかったので、休日はだいたい一人で過ごしていました。
公営の図書館だと自習禁止ですので、岡山大学の図書館を利用させていただいたり(一般人も入館証が作れます)、カフェでパソコンを開いたり。

ただ、そういった場所は人との交流は期待できません。私の悩み(?)を解決してくれるのが勉強カフェでした。

3.勉強カフェを利用してみて、どうですか?(感想など)

温かい場所です。居心地がとてもいいです。そのような雰囲気はオーナーを始めスタッフの方々が作り出すものだと思います。みなさんホスピタリティーに溢れていますね。

他の会員さんとまだあまり交流できてはいませんが、ひたむきに頑張っておられる姿も私の励みになります。

4.今、目指しておられる目標

時間と場所にとらわれることのない自由なライフスタイル」で「自分の好きなことで生きていく」ことが目標です。

そのために今勉強カフェでしているふたつの作業があります。ひとつめはアフィリエイトサイトの構築、ふたつめは自分のホームページの作成です。

アフィリエイトは、パソコンとインターネット環境があればいつでもどこでも作業ができて収入を得られるビジネスです。

ホームページ作成は何の為かというと、11月からインターネットラジオのパーソナリティーにチャレンジするため、私自身のブランディングでホームページを作っています。

パソコンといえば、Word・Exelくらいしか使ったことのない私が、一からサイトやホームページを作ることはなかなか難しく孤独な作業の連続です。だからこそ、勉強カフェの存在が心強いのです。

山本真実さんの目標はノマドライフ

5.目標達成に向けてのどんな状況ですか?

勉強カフェに来ていない頃に比べると、作業時間は感覚的に約2倍に増えました。それでも仕事をしながらですので、まだまだ進度は遅いです。本当は数時間でもいいので毎日行きたいくらいです。今はムラがありますが、週に3〜4日顔を出すように心がけています。

勉強カフェで過ごす時間を確保するため、家事の効率を上げるようにしています。

6.勉強カフェで目標達成出来そうですか?

私の目標は数値化しにくい部分がありますが、目標に掲げた生き方を楽しんでいる自分の姿はハッキリと想像できます

だから、達成するはずです!

7.その他にどんなところが気に入っていただけましたか?

靴を脱いで過ごせるところ
本がたくさんあるところ
椅子・ソファの座り心地が抜群なところ
夜遅くまで開いているところ
私の好きなカルピスをいっぱい飲めるところ(笑)

8.ご要望などありましたら、お聞かせください

ラウンジに「今おしゃべりできますよなどあればいいなと思います。
つまり、交流を望んでいる会員さんが一目で分かれば話しかけやすいなぁということです。望んでいない方、今は取り込み中という方…そういう方も中にはいらっしゃると思うので。

自習室は完全に一人で集中する場所、ラウンジは多少おしゃべり可能な場所ですよね。私は何かのご縁があって、今この人たちと同じスペースを共有しているんだなと思っています。

岡山の人はシャイな人が多いですね。私は関西人で人見知りだと思っているのですが、そんなこともないな…とこちらに来て感じています(笑)

山本真実さんホームページ制作なう!

山本さん、ありがたいお言葉ありがとうございました!

勉強カフェ岡山スタジオが山本さんの目標とする生活に少しでもお役に立てるようにスタッフ一同精進してまいりますので、今後とも末永くお付き合い下さい!

インタビュー動画も見て下さいね?

勉強カフェ岡山スタジオを応援いただける方は、以下のリンクをポチっとお願いします!今日は何位でしょうか?
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山県情報へにほんブログ村 岡山県情報では何位?
岡山県 ブログランキングで何位かな?

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る